« 日本居住者である個人が香港に資産運用会社を設立した場合 | トップページ | ベルギー王国との租税条約を改正する議定書が発効 »

2013年12月23日 (月)

船井電機の敗訴確定 732億円の申告漏れ

MSN産経ニュースからの引用です。

 船井電機は12日、計約732億円の申告漏れを指摘された大阪国税局の更正処分の取り消しを求めた訴訟で、最高裁が同社の上告を受理しない決定をしたと発表した。船井電機の敗訴が確定する。決定は11日付。

 船井電機は「当社の主張が認められなかったことは誠に遺憾」としている。

 船井電機は2005年と08年、香港の子会社について、大阪国税局からタックスヘイブン(租税回避地)対策税制の適用対象になるとして、所得を本社分に合算すべきだと指摘された。

 船井電機は処分を不服として大阪地裁に提訴したが、地裁は訴えを棄却した。控訴した高裁でも棄却され、最高裁に上告していた。

 追徴税額は延滞税などを含めて計約360億円に上るが、06年3月期と09年3月期決算に計上しており、14年3月期の業績に与える影響はないとしている。

最高裁で上告棄却されたことで敗訴確定しました。やはりこの裁判で勝訴することは困難だったのでしょう。

船井電機プレスリリース

船井電機のHP

-----------------------------------
〒541-0042
大阪市中央区今橋2-3-16MID今橋ビル11F
電話(06)4792-7580 FAX(06)6221-2371
   【世界の税金・海外取引の節税】
運営責任者:税理士・公認会計士谷本治郎
----------------------------------
copyright2009あすか税理士法人・国際税務会計事務所
個人情報保護方針

« 日本居住者である個人が香港に資産運用会社を設立した場合 | トップページ | ベルギー王国との租税条約を改正する議定書が発効 »

タックスヘイブン対策税制」カテゴリの記事

個別具体的相談は有料

  • ブログ掲載内容問合せはご遠慮下さい。掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について弊社は一切責任を負いませ ん。記事中には私見も含まれます
  • ↓ご相談前にお読み下さい

中央記事枠はブラウザの幅で変わります

  • 東日本大震災により被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます 一日も早い復興をお祈り申し上げます

富裕層・資産家・経営者など個人向けサービス

  • 相談報酬/節税プランニング料金はこちらから

外国法人経費削減

税務顧問について

  • 法人個人事業者料金例
  • 税務顧問契約

その他コンサルティング