オフショア法人節税

2009年12月23日 (水)

香港金融投資トータルアドバイザー【GRANDTAG】

 香港金融投資専門会社でGrandtag社という会社がありますが、この会社は香港に拠点を置くグローバルな資産運用会社です。【ホームページはこちらから】

 この香港Grandtag社Mr.Gが運営するブログで、私のことを紹介していただいております。誠に恐縮です。

 このように第三者からの評価を頂くのはとてもありがたいことです。Mr.Gには感謝いたします。

 オフショア金融投資商品は香港GRANDTAG社のような専門の独立Financial Adviserの協力が必要かと思います。

-----------------------------------
〒541-0042
大阪市中央区今橋2-3-16MID今橋ビル11F
電話(06)4792-7580 FAX(06)6221-2371
   【世界の税金・海外取引の節税】
運営責任者:税理士・公認会計士谷本治郎

-----------------------------------
copyright2009あすか税理士法人・国際税務会計事務所
個人情報保護方針

2006年1月31日 (火)

ホリエモン、スイスの仮名口座を使用

 本日の日経新聞夕刊トップ記事で、ホリエモンこと堀江容疑者や宮内容疑者がマネーロンダリングのためにスイスの仮名口座を利用していたとの記載がありました。外国人の名前で口座を開いていたようですが、ノミニー制度を利用してお金を払って弁護士などの名前を借りたのでしょう。

 投資事業組合をからめたお金の洗浄はスイスの仮名口座まで使用してのことだとすると、この事件は証券取引法だけでなく、脱税事件に発展するかもしれません。

 税理士ゆえにすべてを知り尽くしていた宮内容疑者ですが、ここまでやるかというのが私の本音です。その道のプロだけにそのリスクは十分承知の上での行動だと思いますが、上場企業の役員が行うことではないでしょうし、それ以上に専門家としても倫理に欠けているとしか言いようがありません。

 今後の捜査の進展で何が出てくるのか、不透明なお金の流れが解明されることを期待します。


-----------------------------------
〒541-0042
大阪市中央区今橋2-3-16MID今橋ビル11F
電話(06)4792-7580 FAX(06)6221-2371
   【世界の税金・海外取引の節税】
運営責任者:税理士・公認会計士谷本治郎

-----------------------------------
copyright2009あすか税理士法人・国際税務会計事務所
個人情報保護方針

2006年1月24日 (火)

ライブドア、株売却にPB口座、タックスヘイブンを利用?

 今日の読売新聞の記事からですが、ライブドアが株売却代金を日本へ還流させるのにスイスのプライベートバンク(PB)やタックスヘイブンの会社、香港の証券会社を利用していたのではないかとの疑いを検察にもたれていると記載されています。

 スイス匿名口座、英領ヴァージン諸島の会社、香港の証券会社とすべて使えるだけのツールを使い果たしマネーロンダリングをしていたのではないかとの疑惑をもたれているようですが、そこまでして資金を本社へ付けかえ、偽装する必要があったとは驚きです。

 税理士の資格を持つナンバー2の宮内氏が指導していたのか、グローバルな資金の動きを指示するのは並大抵ではありませんので、どこかの外資系コンサル会社でもついているのでしょうか?

 2004年11月に香港の空港で堀江氏を見かけましたが、香港で何をしていたのか気になりますね。PBやタックスヘイブンまで使って逮捕されては知らないとはいえないでしょう。今後の捜査結果が気になります。

-----------------------------------
〒541-0042
大阪市中央区今橋2-3-16MID今橋ビル11F
電話(06)4792-7580 FAX(06)6221-2371
   【世界の税金・海外取引の節税】
運営責任者:税理士・公認会計士谷本治郎

-----------------------------------
copyright2009あすか税理士法人・国際税務会計事務所
個人情報保護方針

2004年9月13日 (月)

ラスベガスでネットカンパニーを立ち上げるには?

 ラスベガスといえば、「カジノ」が有名ですが、この州は所得に対する税金や日本でいう消費税(米国のSalesTax)がありません。但し、州の税金がないだけで、米国の連邦税は課税されます。しかし、州税がないだけでも10%から15%は節税可能になりますから、かなり大きいと思います。
 ラスベガスはまたデラウエアなどと並んで会社設立を容易に行うことができますので、ペーパーカンパニーを設立して、ネットビジネスを行うには最適な器になるでしょう。法人設立をラスベガスで行い、現地でサーバーをたちあげ、ロスあたりに住んでビジネスを行う場合、税法上どのようになるのでしょうか。また、アメリカでのワーキングビザはとれるのでしょうか。 
 弊社ではラスベガス及びロス在住の会計事務所と提携しておりますので、安心してご相談頂ければと思います。

-----------------------------------
〒541-0042
大阪市中央区今橋2-3-16MID今橋ビル11F
電話(06)4792-7580 FAX(06)6221-2371
   【世界の税金・海外取引の節税】
運営責任者:税理士・公認会計士谷本治郎

-----------------------------------
copyright2009あすか税理士法人・国際税務会計事務所
個人情報保護方針

個別具体的相談は有料

  • ブログ掲載内容問合せはご遠慮下さい。掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について弊社は一切責任を負いませ ん。記事中には私見も含まれます
  • ↓ご相談前にお読み下さい

中央記事枠はブラウザの幅で変わります

  • 東日本大震災により被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます 一日も早い復興をお祈り申し上げます

富裕層・資産家・経営者など個人向けサービス

  • 相談報酬/節税プランニング料金はこちらから

外国法人経費削減

税務顧問について

  • 法人個人事業者料金例
  • 税務顧問契約

その他コンサルティング